おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

気になる葬儀の流れとは

おじさんの葬儀でおもったこと
葬儀は人生の中でそんなに頻繁に経験する事ではありません。ですので、いざ大切な人が亡くなったら、慌てないようにして葬儀の流れをきちんと理解しておきましょう。まず、病院で大切な家族が亡くなった場合には、そのまま火葬場へと運ばれていきます。ですので、家族は故人が生前好んで着ていた衣服や新しい下着、寝間着などを用意してあげましょう。葬儀社は病院が契約している所で行う事がありますが、葬儀社は自分の意志で選ぶ事が出来ます。流れに任せないで、葬儀社を決めたいと言う場合には、しっかりと意思を病院側に伝えるようにしましょう。

忘れてはいけないのが、火葬許可証になります。病院から死亡診断書をもらったら、死亡届と合わせて役場に提出をして下さい。そうする事で、火葬許可証をもらう事が出来ます。そして、その書類を火葬場に提出すると、埋葬許可証となって手元に戻ってきます。この埋葬許可証は、納骨のときまで大切に保管をしておいてくださいね。そして納棺をしてお通夜になります。亡くなったのが午後の場合には、お通夜は翌日になります。このように、葬儀には大まかな流れがありますので、しっかりと事前に把握をしておきましょう。特に、葬儀社の意思決定は重要ですよ。

おすすめ情報