おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

多様化する葬儀の種類

おじさんの葬儀でおもったこと
時代の流れと共に葬儀の種類も多様化してきました。一般的な葬式の形を一般葬と言います。身内を始め会社関係者、友人知人など故人とゆかりある方々が通夜もしくは告別式、その両方に参列します。50人以上が訪れ交友関係が広い方だと300人を超すそうです。葬儀代から飲食代など費用はかさみますが、しきたりに沿ったお別れの形という意味では一番メジャーな葬儀の種類でしょう。

近年増えてきたのが、家族葬です。こちらはごく親しい身内だけで行う葬儀の事で、昔は密葬とも言われていました。故人とゆっくりお別れをしたい、無駄に費用や負担をかけて欲しくないという故人の意を汲んで行われる事が多くなってきました。50人未満でとり行われる事が多く、家族葬をメインに扱う葬儀屋さんも増えてきました。コンパクトに行う事で余計な気を使わず、感慨深い葬式になったという声を多く聞かれます。

他には1日葬といって、一般葬と家族葬の間をとった様な形もあります。お通夜せず、告別式だけをとり行います。さらに生前葬といって、亡くなる前に本人が取り仕切る葬儀の形もあります。生きているうちに会いたい人には会って御礼を申し上げる、これから人気が出そうです。

おすすめ情報