おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

情緒ある日本の葬儀のスタイル

おじさんの葬儀でおもったこと
まず初めに亡くなった方を日本では和装にして布団の中で安置します。既に、亡くなったその時点で葬儀は始まっていると言います。つまりは亡くなった方に対しての弔いと言うのがそもそもの葬儀の始まりだからです。亡くなった方の自室で安置して線香などを焚きます。この亡くなった方の自室に安置すると言う意味は、葬式の儀式を執り行うためにも、別室に準備する事を表します。つまりは、日本では古くから、亡くなった家族の家で葬式を執り行ってきたと言う習慣があります。そのために家の中に葬式の儀式をするために準備する訳です。

亡くなった方の自室で死者を安置しながらにして、枕元では小さなテーブルに線香を焚き、そして蝋燭を灯し、食物を備えて水を上げます。これは一日の中で、何時でも同じように行います。もちろん、朝になれば、死亡の報せを聞いた弔問が訪れ、そして亡くなった方を悼むと言う訳です。その内に、家の中の別室にはすっかりと葬式の儀式のための祭壇が設けられ準備が進みます。やがて、亡くなった次の日の夕方から地方では一般的なお念仏が始まります。所謂告別と言う事になります。但し、このお念仏と告別を別々に行うと言う地域もあります。そして後日に儀式となる葬式を行い、出棺して火葬と言うのが葬儀の流れです。

おすすめ情報