おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

日本の古くからの葬儀のスタイル

おじさんの葬儀でおもったこと
華族の中で、誰かが亡くなれば、まず自室に安置します。その上で家族は葬儀の流れを打ち合わせします。まずは死亡証明書を役所から発行してもらいます。そして檀家である寺の住職に連絡して葬儀の日取りを決めます。その後、死亡を諸々の連絡先に通達します。そして今の時代は、家族で葬式を執り行うと言う事が非常に時間が掛かり過ぎると言う事で、葬儀を一切賄うと言う葬儀社がありますから、連絡して、葬儀一切を一任する事にします。日中からその葬儀の準備が家の中で始まります。葬式の準備が着々と進みます。もちろん、急な事ですから、親戚縁者も集まって来ます。

日本の場合では、葬式の場合、日取りも選ぶ習慣があります。それをも含めて住職と日取りを決めます。亡くなってから、最初に執り行う習わしが、まずはお念仏となります。これは死者に対して、仏になるための念を唱えると言う儀式です。地方によっては、女性がご詠歌を歌うと言うスタイルもあります。死者に対しての贈る言葉と言う事になります。その翌日に葬式が決められた時間に営まれます。祭壇が飾られ、真ん中には死者の生前の写真、そしてその下には、棺の中に納まった死者です。そして祭壇の両隣には親戚縁者からの贈られた花々で祭壇の両隣を飾ります。

おすすめ情報