おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

日本の地方による葬儀の流れです

おじさんの葬儀でおもったこと
日本では古くから葬儀の時には習慣と言うものがあります。されど、かなり時間が掛かり過ぎると言う意味もあり、その一切を葬儀社と言う葬式の専門家に委ねると言う事も近年では多くあります。まず初めに、死者を自室で安置し、大凡、小さな葬式スタイルの状態に安置します。もちろん、何時であろうとそのスタイルは変わらないと言う事になります。深夜や未明ならまだしも、日中に死亡が確認できれば、その日の内に、檀家となっているお寺の住職に連絡して葬儀の日取りを決めます。既にその時点では、大凡、家族から親戚縁者に連絡が入り、その日の内に、家族に集まります。

日中であれば、その日の内に、既に葬儀の準備が進められ、家全体が葬儀のための飾り付けと言う事になります。外には葬儀用の華が飾られます。大凡2メートルクラスの中央には華を贈った人の名前と、その周りを花々が円で囲みます。その大きさのもので、複数もの花々が外に飾られると言う事になります。そして家の中では完成した祭壇の下で、夕方にはお念仏が唱えられ、そして翌日には葬式が営まれます。参列者はその殆どが黒のスタイルです。住職の読経の時に、それぞれの参列者は数珠を持って、祭壇に焼香、若しくは、座っているその場で焼香する事になります。

おすすめ情報