おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

日本独特の葬儀のスタイルです

おじさんの葬儀でおもったこと
家族で人が亡くなった場合は、まず親戚縁者に連絡します。これは一日の流れの中で、深夜であろうが未明であろうがいつでも構わないと言う事になります。そして次に葬儀社に連絡して葬儀の準備を始めます。それと並行に、檀家であるお寺の住職に連絡して、葬式の日取りを決めます。死者は自室に安置されてて、小さな祭壇を儲けられ、そこで、弔問客と別れを告げます。家の中では、葬儀社と共に、祭壇の準備が続けられます。殆どの場合、地方ではその祭壇を座敷で行うのが一般的です。座敷一面を黒と白の幕で飾ります。そして自宅の玄関には忌中と言う文字の幕を飾り、家族が亡くなったと言う意味を表します。

親戚縁者に限らず、地方では、告げる人と書いて、つげと言う人を選び、同じ集落に死亡を伝えると言う習わしがあります。そして翌日には、家族から依頼された女性によるお念仏が、寺の住職の読経の後に唱えられます。そして翌日に葬式が営まれます。弔問客は黒の衣装に身を包み、住職の読経の最中に祭壇に赴き焼香をします。または、逆に住職から焼香を参列している方々の元に回して焼香をすると言う場合もあります。その時々で異なります。そして住職の全ての読経が終わった後に、棺の中の亡くなっている家族とのその家との最後の別れとなり、火葬に向かう事になります。

おすすめ情報