おじさんの葬儀でおもったこと

おじさんの葬儀でおもったこと

葬儀のあげかたは宗教でも違う

おじさんの葬儀でおもったこと
葬儀とは、冠婚葬祭のうちの一つで、人が亡くなった時に行う弔いの儀式です。お通夜と葬式と告別式からなります。告別式と葬式を一緒にする場合も多いです。お通夜は、葬式の前日に行い、遺体を自宅などに安置し夜通し番をする儀式です。葬儀を執り行う際、遺族で葬儀屋と打ち合わせを行います。葬儀の上げ方は故人の希望や宗派によって変わってきます。仏教の場合、亡くなってからお通夜まで間が空く際には枕飾りしてお通夜までの間安置します。枕飾りとは簡易的な祭壇です。遺体の胸元には魔よけとして刀やカミソリといった刃物を置きます。

お通夜の日にも個人の知り合いが挨拶に来ます。そして葬式当日は、自宅やメモリアルホールで弔いの儀式が行われます。仏教の場合は僧侶に来てもらってお経をあげ、参列者は焼香します。その後、喪主による挨拶と故人への別れが告別式として行われ、火葬場へと出棺されます。火葬場には親族や親しい間柄の人が付いていき、火葬が終了するまで見守ります。お骨は箸で拾い、骨壺に納めます。

仏教での葬儀の場合、寺で行うこともありますが、神道のやりかたで行う場合には、穢れ(死)を持ち込んではいけないので神社で葬儀があげられることはありません。

おすすめ情報